亀岡プロジェクト2015「Genus」

151121-1

「Genus」をテーマに、今年も、亀岡商工会館にて展覧会が開催されます。
地元の京都学園大学の学生が自ら作品を作り運営し、そこに、アーティストなど様々な主体が参加します。
紅葉の美しい亀岡へ、様々なものが器で色づき交ざり合う空気を感じに来てください。

・・・・・
亀岡プロジェクト2015「Genus」

保津川水辺に佇む亀岡商工会館は、大戦前後をつうじて存続した木造平屋建ての保津川下り乗船場に代わり、
1958年に保津川観光会館として建設されました。
1973年に現在の名となり、亀岡商工会議所が1999年に他所に移転した後、老朽化しつつ今日にいたっています。
第6回の今年は場所に存する力(地霊)の意味を探ります。


会期 : 11月28日(土)
時間 :  10:00-20:00
※プレオープン:27日(金)18:00-20:00

会場  :亀岡商工会館
出展 : Andreas KRESSIG / 岡崎 宏樹 / 岡本 一誠 / 杉浦 智和 / 高原 千尋
     武田 慶美 / 田中 柚瞳 / 藤阪 新吾 / 松井 哲哉 / 松岡 大貴
     矢野 大悟 / 山倉 佐恵子 / 山田 康嗣 / 吉澤 充子

講演 : 11:00 ─ 12:00
    「ニューギニア高地におけるマナ・身体・コモンズ」行木 敬(文化人類学・神戸山手大学准教授)
 
討議 : 12:00 ─ 13:00 *討論者は予定
   「ゲニウス・ロキ/ヴァナキュラーをめぐって」
  岡崎 宏樹(社会学・神戸学院大学教授)
  行木 敬
  藤阪 新吾(社会美学・司会)
  松井 哲哉(一級建築士事務所UZU代表)
  宮原 浩二郎(社会学・関西学院大学教授)

13:00 ─
    休憩〈丹波・亀岡 八田農園のテーブル〉

14:30 ─ 15:00
    報告1.「until now」松岡 大貴(プロジェクト広報)

15:00 ─ 15:30
    報告2.「作品が媒介する〈場〉の記憶と連続性」 山田 康嗣(同志社大学大学院社会学研究科博士前期課程2年)
 
15:30 ─ 16:00
    朗読「一九八六年十二月八日」
    武田 慶美(京都学園大学付属 心理教育相談室 研修員) × 渡部 敬太(Bottecchia CYCLE CAFE)


協力:亀岡商工会議所
企画:藤阪新吾(京都学園大学人間文化学部「アートギャラリー実習Ⅰ・Ⅱ」)

詳細: Facebook KAMEOKA PROJECT
 
亀岡商工会館
〒621-0804 京都府亀岡市追分町下島40-1
JR亀岡駅より徒歩5分

「キテ・ミテ中之島2015」みんなの駅美術館 に参加します。

150516-1

変化を続ける中之島。
アートコミュニケーションにより、中之島が人をつなぎ、歴史を繋ぐエリアになってほしいという思いに賛同し、
参加させていただく事になりました。

風が気持のよい季節、バラ園等の川沿いの散歩がてら、中之島線ご利用の際にも、覗いていただければ幸いです。

・・・・・
駅からはじまるアートイベント「キテ・ミテ中之島2015」みんなの駅美術館
~京阪電車中之島線が「みんなの駅美術館」に変わります~
芸術をきっかけに中之島を訪れ、あらためて愛着と理解を深めていただくとともに、
中之島エリアが持つ「文化・芸術の地」というイメージの発信を目指すもので、今回で4回目の開催となります。

会期 : 2015/5 /23(土)~6/21(日)
会場 : 京阪電車中之島線 中之島駅・渡辺橋駅・大江橋駅・なにわ橋駅構内
     *私たちUZUは、大江橋駅にて展示いたします。
主催 : 京阪電気鉄道株式会社、中之島高速鉄道株式会社
企画 : ドットアートコスモ 右脳の散歩道ギャラリー  
詳細 : 駅からはじまるアートイベント 「キテ・ミテ中之島2015」


関連イベント:
・5/23(土) [大江橋駅改札口付近、参加費無料]
 『みんなの駅美術館 オープ二ング開会式×アートDAY』
 10:00~ 開会式
       「キテ・ミテ中之島」企画の玉登ゆかりと出展アーティスト、京阪沿線ワークショップ参加子ども達、
       human noteによるステージや上宮高等学校書道パフォーマンスチームで開会式を開催。
 11:00~ アートツアー
       大阪教育大学名誉教授「美術館にアートを贈る会」副理事長の田中恒子先生が、
       展示作品を楽しくわかりやすくご案内します。


・5/30(土) [大江橋駅改札口付近、参加費無料]
 『茶会×アートDAY』 1席/12:30~ 2席/14:00~ 3席/15:30~
 「アートDE煎茶会」(一穂流:坂東志保)
 「お茶の葉ワークショップ」(今井杏奈)
 駅の中で一服!? アート作品とコラボした煎茶会!心落ち着くお茶でもてなす茶道をアートと共に体験しませんか!


・6/7(日)13:00~16:00(予定)[大江橋駅改札口付近、参加費無料]
 『聞きたい!知りたい!トライ!川柳+アートDAY』
 講座:「コミュケーションの種、アートの種」
     「絵画造形療法」子どもの絵からみえる心の世界!/末延國康(大阪芸術大学教授)
     「アートと一緒に暮らす」ことを楽しみに!/田中恒子(大阪教育大学名誉教授)
 演劇:「もしも、ロミオが京阪電車に乗っていたら」(眞珠座。・佐治勇輔・園川絢也)
     古典演劇の代表-シェイクスピア- そんな彼の世界が今、私たちの時代と交錯する!
     シェイクスピアを知らない人にも楽しんで頂ける、造形作家と劇団によるオリジナルコラボ作品!    
 講座:「アート+川柳のこころみ 川柳・絵画:公募作品について」
     真鍋心平太(一般社団法人全日本川柳協会)、末延國康(大阪芸術大学教授) 、田中恒子(大阪教育大学名誉教授)

     
・6/14(日)13:25~14:09(予定)※要申込み
 『“走る工房”~音とものづくり~』
 日本センチュリー交響楽団の音楽家×humen(人間)note(音)
 =コーラス×「みんなの駅美術館」出展アーティストとともに電車の中の異空間!
 美しい音色を聴きながら「中之島」・「パラ」・「水辺」をイメージに楽器をつくったり、
 ウタで音を表現するコーラスワークショップです。
 応募方法 
      

・6/21(日)13:00~15:30 [大江橋駅改札口付近、参加費無料]
 『駅ナカ・ワークショップ』
 中之島・バラ・水辺」を”身近なもの”で作るワークショップです。
 出展作品の作品世界をどなたでも体験もできます、あなたの面白い作品ができちゃうかも!
 ・「グッとくる言葉大募集」ワークショップ ・紙コップ織ワークショップ
 ・カラフルなバラで駅を飾ろうワークショップ ・しみワークショップ


その他、「キテ・ミテ中之島」期間中(2015/4/1~6/21)、中之島周辺では 多くのイベントが開催されます。
詳しくはwebサイトをご覧ください。

駅からはじまるアートイベント 「キテ・ミテ中之島2015」

亀岡プロジェクト2014「過去と未来の間」

Between Past and Future :  KAMEOKA PROJECT 2014
141128-1

「過去と未来の間」をテーマに、今年も、亀岡商工会館にて展覧会が開催されます。
地元の京都学園大学の学生が自ら作品を作り運営し、そこに、アーティストなど様々な主体が参加します。
松井も、地元建築家として出品させていただきます。
紅葉の美しい亀岡へ、様々なものが器で色づき交ざり合う空気を感じに来てください。

・・・・・
Between Past and Future :  KAMEOKA PROJECT 2014
過去と未来の間 :  亀岡プロジェクト2014

保津川水辺に佇む亀岡商工会館は、
大戦前後をつうじて存続した木造平屋建ての保津川下り乗船場に代わり、1958年に保津川観光会館として建設されました。
1973年に現在の名となり、1999年に亀岡商工会議所が他所に移転した後、老朽化しつつ今日にいたっています。
ここには出来事の欠片がおり重なるように沈潜しており、場所の記憶が独特の雰囲気として漂っています。
第5回となる今年度は、ここに交感する存在の意味を探ります。


会期 : 2014年11月29日(土)
時間 : 13:00-20:00
* プレオープン:28日(金)18:00-20:00
会場 : 亀岡商工会館
出品 : Andreas KRESSIG / 大西 信弘 / 岡崎 宏樹 / 高原 千尋 / 武田 慶美
   櫻井 大督 / 島宗 雄太 / 尚 東利 / 中小路 麻衣 / 藤阪 新吾 / 松井 哲哉
   松岡 大貴 / 宮越 秀 / 矢野 好穂 / 山田 康嗣 / 吉澤 充子 / 亀岡市文化資料館
トーク : 14:30-
   「コンヴィヴィアリティのあじわい」藤阪 新吾(京都学園大学非常勤講師)+ 宮原 浩二郎(関西学院大学教授)


詳細 : Facebook KAMEOKA PROJECT


亀岡商工会館
621-0804 京都府亀岡市追分町下島40-1
JR亀岡駅より徒歩5分
JR京都駅から山陰本線(嵯峨野線)で約30分
阪急桂駅前から京阪京都交通(バス)で約40分

北浜 BROOKLYN

New York Brooklyn の雰囲気が大好きなクライアントとの出会いもあり、
少し雰囲気を味わいにと、北浜のカフェBrooklynに寄った。

ラフな内装、表と裏の機能が混ざり合った感じ、アイアン使い、
ゆっくりとした時間に浸る人たち、そしてニューヨークから届く焙煎された豆の香り・・

でも、やっぱり自由さを感じるのは、表の通りから店内を通って川から島へと素通りで抜けていく空気の感じ。

通り側も川側も、実際にサッシが開け放たれているのもあるが、
より一層、外への抜けを感じさせるのは、店から島へ向けての環境のつながり方だ。

無造作に置かれているように見えるテーブルや、
建物と川の間のテラスに出るための窓台のステップ、
堤防を利用したテラスの腰壁、
それらのボリュームが、寸法をわずかに揺らしながらに配置されている。

その寸法の選び方揺らし方が、
川の水面の揺れや、その向こうの島の段差や、陶磁美術館やその向こうのビル群のボリュームに
穏やかにステップしながらつながってゆく。

視線を戻したとき、
何気なく置かれたようなテーブルたちのプロポーションに、妙に納得してしまった。
なかなかの、ここちよさだ。

140804

京都御所

日本の建築空間の良さは、シーンイメージの連鎖。

間と庭が一対となった空間が、屈曲しながら展開しつつ、ひとつの配置として折りたたまれ建築となる。

全体はどこまでもつながっていくが、シーンの変わり目に様々な仕掛けがあり、奥へ奥へと切り替わり引き込まれていく。

折りたたまれた襞の様々なスケールと質に合わせて、ハレとケの様々な用途の空間が巧妙に当てはめられる。

つくられた襞は、自然と触れ合う長さと巡る楽しみを与えるとともに、ショートカットされる効率的な機能動線を生み出す。

建築を考える事は、最大限の幸福をどのように折りたたむか? ということ。

 140421-1

140421-2

140421-3

Read more »

茶源郷

茶源郷和束に行ってきました。

とろっと玉露をいただき、笹島シェフのお茶茹でのパスタ食し、和束の方のガイドで茶畑を歩く・・

「茶」というものを中心に、そこにある全てのものがつながっている印象を受けました。

人の中にある自然と、自然の中にある人の営みの幸せな一体感。

文化的景観の意味が、春の雨と共に体に沁みました。

140410

土木の力 3

中津高架下・・大阪の高架下の中でも独特の雰囲気がある場所。

「ギュー」と何かの力に圧縮されて、分かれているけど溶け合っているような不思議な密度。

淀川と梅田に近い地理的条件もあるのか?

中津駅が存在する必要が無いかのように、川の橋で平面的に絞られてから広がる前に梅田の駅に吸い込まれてゆく線路。押しつぶされたような幅の駅のプラットホーム・・通り過ぎていく電車。

中津を越えるためではなく、梅田から淀川を渡るために上がっていく途中のような高架下。それによって生まれる無関係でありながら妙に圧縮された上下の距離感。

様々な力に軋む音が聞こえてきそうな地上の地下街。そこに引き寄せられ住みついてきた人や物。

そんな場所に、新たな力が加わっている。耐震化を理由とした、場所の明け渡しを求める力・・

線路に寄り添う176号線の高架下は、現在の法律では道路という公共財産らしい。公共財産である場所が中津という街のエリアや歴史を分断するのではなく、つなげ、つむいでいくような場として存在してほしい。

場所に生まれている不思議な圧力が、内外の人々をつないでいく力となるように願っている。

140328-1

 

140328-2

わたしのマチオモイ帖 2011~2014

「my home town わたしのマチオモイ帖」拝見してきました。
2011年震災の年、最初のオープニングイベントにお邪魔させていただいたのですが、3年経ち、、
こんなにたくさん・・
3.11から3年という時期にまた、さらなる思い、さまざまな町、人、、、
今おかれている状況も違うけれど、 日本(世界も?)はつながっていると感じられ、温かい気持ちになりました。

140312-1

140312-2

今、私たちの事務所のある池田帖。
十三に新世界に布施、、なんだかディープなエリアにありました?!
やはり身近なので、クスクスと共感できます。
十三は、先日の駅前火災で独特の場所が失われ考えさせられる思いです。
十三らしく復活してほしいです。

140312-3

亀岡帖を含む京都エリア
今回、レイアウトが地域ごとにも別れていて、自分の知識の先入観もあるのかもしれませんが
地域的な個性も感じられた気がしました。

東京と大阪で同時開催中とのこと、まだまだ先がありそうですね・・

わたしのマチオモイ帖

霊山正法寺「夕陽を観る会」

京都で参加させていただいている遊プロジェクトの番外編
なかなか伺えずにいた 霊山正法寺「夕陽を観る会」
今回は、親しくさせていただいている写真家、奥脇孝一さんの「レンズで切りとる世界」をテーマにお話が伺えるということで、おじゃましてきました。

前日の雪の気配が残る京都、、高台寺の脇からさらに続く長く急な坂道と階段をのぼり、ようやくたどりついた先には、思ってもみなかった景色が、、
夕日は次回におあずけですが、雨が降り霧がかった京都の街がとても幻想的でした。

140217-1
眺望の楽しめる縁側から入る霊山正法寺

140217-2
切り取られた京都の景色

140217-3
お土産にといただいた、震災の年に送られていたという
「祈り」というタイトルのお辞儀をしたような花の作品のカード

奥脇孝一さんのお話も、これまで拝見した事のなかった作品や撮影秘話、カメラへの思いもお伺いでき、改めて、奥脇さんの写真の世界に引き込まれました。
さまざまなフィールドで活躍されている皆さんと、この魅力的な場所で楽しい時間が過ごすことができ、人と場の持つ力を感じる一時でした。

遊プロジェクト京都
京都三条ラジオカフェ
奥脇孝一の写真 webサイト