「キテ・ミテ中之島2016」みんなの駅美術館

 kitemite-A4-2
160605-1

昨年に引き続き、参加させていただいています。
今年は、昨年のオープニングで使用していただいた「水中車窓」の映像をご覧いただけます。

大江橋駅構内(改札外) アンスリー隣の空き店舗内(キテ・ミテ アイアイ広場近く)
上映時間 11:00~18:00

中之島の水中から水面を通してみる「ゆれ・にじむ街」を感じてみて下さい。

・・・・・
-合い言葉は『和気アイアイ中之島』-
駅からはじまるアートイベント「キテ・ミテ中之島2016」
~京阪電車中之島線が「みんなの駅美術館」に変わります~

会期 : 2016/5 /21(土)~6/19(日)
会場 : 京阪電車中之島線 中之島駅・渡辺橋駅・大江橋駅・なにわ橋駅構内
     *私たちUZUは、大江橋駅アンスリー隣の空き店舗内にて展示いたします。
主催 : 京阪電気鉄道株式会社、中之島高速鉄道株式会社
企画 : ドットアートコスモ 右脳の散歩道ギャラリー  
詳細 : 駅からはじまるアートイベント 「キテ・ミテ中之島2016」

関連イベント
・5/21(土) キテ・ミテ中之島オープニング [大江橋駅]
・5/28(土) アトリエトレイン~音とモノづくり~ [樟葉駅~中之島駅]
・5/29(日) 中之島駅3番線アトリエトレイン [中之島駅]
・水・木限定ワークショップ [大江橋駅構内 キテ・ミテ アイアイ広場]
・6/5(日) 演劇×アートDAY ~ 駅で感じる演劇空間『バック・トゥ・ザ・京阪』~ [大江橋駅]
・6/12(日) アートde茶会× 演奏× 対談 ~和気アイアイとアートで生きるチカラトーク~ [大江橋駅]
・6/19(日) 駅ナカ・作家ワークショップ× 書道ワークショップ  [大江橋駅]

その他、「キテ・ミテ中之島」期間中(2015/4/1~6/21)、中之島周辺では 多くのイベントが開催されます。
詳しくはwebサイトをご覧ください。

駅からはじまるアートイベント 「キテ・ミテ中之島2016」 イベント詳細

パンフレット

亀岡プロジェクト2015「Genus」

151121-1

「Genus」をテーマに、今年も、亀岡商工会館にて展覧会が開催されます。
地元の京都学園大学の学生が自ら作品を作り運営し、そこに、アーティストなど様々な主体が参加します。
紅葉の美しい亀岡へ、様々なものが器で色づき交ざり合う空気を感じに来てください。

・・・・・
亀岡プロジェクト2015「Genus」

保津川水辺に佇む亀岡商工会館は、大戦前後をつうじて存続した木造平屋建ての保津川下り乗船場に代わり、
1958年に保津川観光会館として建設されました。
1973年に現在の名となり、亀岡商工会議所が1999年に他所に移転した後、老朽化しつつ今日にいたっています。
第6回の今年は場所に存する力(地霊)の意味を探ります。


会期 : 11月28日(土)
時間 :  10:00-20:00
※プレオープン:27日(金)18:00-20:00

会場  :亀岡商工会館
出展 : Andreas KRESSIG / 岡崎 宏樹 / 岡本 一誠 / 杉浦 智和 / 高原 千尋
     武田 慶美 / 田中 柚瞳 / 藤阪 新吾 / 松井 哲哉 / 松岡 大貴
     矢野 大悟 / 山倉 佐恵子 / 山田 康嗣 / 吉澤 充子

講演 : 11:00 ─ 12:00
    「ニューギニア高地におけるマナ・身体・コモンズ」行木 敬(文化人類学・神戸山手大学准教授)
 
討議 : 12:00 ─ 13:00 *討論者は予定
   「ゲニウス・ロキ/ヴァナキュラーをめぐって」
  岡崎 宏樹(社会学・神戸学院大学教授)
  行木 敬
  藤阪 新吾(社会美学・司会)
  松井 哲哉(一級建築士事務所UZU代表)
  宮原 浩二郎(社会学・関西学院大学教授)

13:00 ─
    休憩〈丹波・亀岡 八田農園のテーブル〉

14:30 ─ 15:00
    報告1.「until now」松岡 大貴(プロジェクト広報)

15:00 ─ 15:30
    報告2.「作品が媒介する〈場〉の記憶と連続性」 山田 康嗣(同志社大学大学院社会学研究科博士前期課程2年)
 
15:30 ─ 16:00
    朗読「一九八六年十二月八日」
    武田 慶美(京都学園大学付属 心理教育相談室 研修員) × 渡部 敬太(Bottecchia CYCLE CAFE)


協力:亀岡商工会議所
企画:藤阪新吾(京都学園大学人間文化学部「アートギャラリー実習Ⅰ・Ⅱ」)

詳細: Facebook KAMEOKA PROJECT
 
亀岡商工会館
〒621-0804 京都府亀岡市追分町下島40-1
JR亀岡駅より徒歩5分

「キテ・ミテ中之島2015」みんなの駅美術館 に参加します。

150516-1

変化を続ける中之島。
アートコミュニケーションにより、中之島が人をつなぎ、歴史を繋ぐエリアになってほしいという思いに賛同し、
参加させていただく事になりました。

風が気持のよい季節、バラ園等の川沿いの散歩がてら、中之島線ご利用の際にも、覗いていただければ幸いです。

・・・・・
駅からはじまるアートイベント「キテ・ミテ中之島2015」みんなの駅美術館
~京阪電車中之島線が「みんなの駅美術館」に変わります~
芸術をきっかけに中之島を訪れ、あらためて愛着と理解を深めていただくとともに、
中之島エリアが持つ「文化・芸術の地」というイメージの発信を目指すもので、今回で4回目の開催となります。

会期 : 2015/5 /23(土)~6/21(日)
会場 : 京阪電車中之島線 中之島駅・渡辺橋駅・大江橋駅・なにわ橋駅構内
     *私たちUZUは、大江橋駅にて展示いたします。
主催 : 京阪電気鉄道株式会社、中之島高速鉄道株式会社
企画 : ドットアートコスモ 右脳の散歩道ギャラリー  
詳細 : 駅からはじまるアートイベント 「キテ・ミテ中之島2015」


関連イベント:
・5/23(土) [大江橋駅改札口付近、参加費無料]
 『みんなの駅美術館 オープ二ング開会式×アートDAY』
 10:00~ 開会式
       「キテ・ミテ中之島」企画の玉登ゆかりと出展アーティスト、京阪沿線ワークショップ参加子ども達、
       human noteによるステージや上宮高等学校書道パフォーマンスチームで開会式を開催。
 11:00~ アートツアー
       大阪教育大学名誉教授「美術館にアートを贈る会」副理事長の田中恒子先生が、
       展示作品を楽しくわかりやすくご案内します。


・5/30(土) [大江橋駅改札口付近、参加費無料]
 『茶会×アートDAY』 1席/12:30~ 2席/14:00~ 3席/15:30~
 「アートDE煎茶会」(一穂流:坂東志保)
 「お茶の葉ワークショップ」(今井杏奈)
 駅の中で一服!? アート作品とコラボした煎茶会!心落ち着くお茶でもてなす茶道をアートと共に体験しませんか!


・6/7(日)13:00~16:00(予定)[大江橋駅改札口付近、参加費無料]
 『聞きたい!知りたい!トライ!川柳+アートDAY』
 講座:「コミュケーションの種、アートの種」
     「絵画造形療法」子どもの絵からみえる心の世界!/末延國康(大阪芸術大学教授)
     「アートと一緒に暮らす」ことを楽しみに!/田中恒子(大阪教育大学名誉教授)
 演劇:「もしも、ロミオが京阪電車に乗っていたら」(眞珠座。・佐治勇輔・園川絢也)
     古典演劇の代表-シェイクスピア- そんな彼の世界が今、私たちの時代と交錯する!
     シェイクスピアを知らない人にも楽しんで頂ける、造形作家と劇団によるオリジナルコラボ作品!    
 講座:「アート+川柳のこころみ 川柳・絵画:公募作品について」
     真鍋心平太(一般社団法人全日本川柳協会)、末延國康(大阪芸術大学教授) 、田中恒子(大阪教育大学名誉教授)

     
・6/14(日)13:25~14:09(予定)※要申込み
 『“走る工房”~音とものづくり~』
 日本センチュリー交響楽団の音楽家×humen(人間)note(音)
 =コーラス×「みんなの駅美術館」出展アーティストとともに電車の中の異空間!
 美しい音色を聴きながら「中之島」・「パラ」・「水辺」をイメージに楽器をつくったり、
 ウタで音を表現するコーラスワークショップです。
 応募方法 
      

・6/21(日)13:00~15:30 [大江橋駅改札口付近、参加費無料]
 『駅ナカ・ワークショップ』
 中之島・バラ・水辺」を”身近なもの”で作るワークショップです。
 出展作品の作品世界をどなたでも体験もできます、あなたの面白い作品ができちゃうかも!
 ・「グッとくる言葉大募集」ワークショップ ・紙コップ織ワークショップ
 ・カラフルなバラで駅を飾ろうワークショップ ・しみワークショップ


その他、「キテ・ミテ中之島」期間中(2015/4/1~6/21)、中之島周辺では 多くのイベントが開催されます。
詳しくはwebサイトをご覧ください。

駅からはじまるアートイベント 「キテ・ミテ中之島2015」

亀岡プロジェクト2014「過去と未来の間」

Between Past and Future :  KAMEOKA PROJECT 2014
141128-1

「過去と未来の間」をテーマに、今年も、亀岡商工会館にて展覧会が開催されます。
地元の京都学園大学の学生が自ら作品を作り運営し、そこに、アーティストなど様々な主体が参加します。
松井も、地元建築家として出品させていただきます。
紅葉の美しい亀岡へ、様々なものが器で色づき交ざり合う空気を感じに来てください。

・・・・・
Between Past and Future :  KAMEOKA PROJECT 2014
過去と未来の間 :  亀岡プロジェクト2014

保津川水辺に佇む亀岡商工会館は、
大戦前後をつうじて存続した木造平屋建ての保津川下り乗船場に代わり、1958年に保津川観光会館として建設されました。
1973年に現在の名となり、1999年に亀岡商工会議所が他所に移転した後、老朽化しつつ今日にいたっています。
ここには出来事の欠片がおり重なるように沈潜しており、場所の記憶が独特の雰囲気として漂っています。
第5回となる今年度は、ここに交感する存在の意味を探ります。


会期 : 2014年11月29日(土)
時間 : 13:00-20:00
* プレオープン:28日(金)18:00-20:00
会場 : 亀岡商工会館
出品 : Andreas KRESSIG / 大西 信弘 / 岡崎 宏樹 / 高原 千尋 / 武田 慶美
   櫻井 大督 / 島宗 雄太 / 尚 東利 / 中小路 麻衣 / 藤阪 新吾 / 松井 哲哉
   松岡 大貴 / 宮越 秀 / 矢野 好穂 / 山田 康嗣 / 吉澤 充子 / 亀岡市文化資料館
トーク : 14:30-
   「コンヴィヴィアリティのあじわい」藤阪 新吾(京都学園大学非常勤講師)+ 宮原 浩二郎(関西学院大学教授)


詳細 : Facebook KAMEOKA PROJECT


亀岡商工会館
621-0804 京都府亀岡市追分町下島40-1
JR亀岡駅より徒歩5分
JR京都駅から山陰本線(嵯峨野線)で約30分
阪急桂駅前から京阪京都交通(バス)で約40分

月の下で

紅葉を待つ東福寺に寄り添うKAHO GALLERYへ・・
髙見晴惠展/月の下で に伺いました。

一度、ゆっくり訪れたかった場所。
施主で日本画家の下保さんが、棟梁の中村さん、造園の明貫さんと共に生み出された空間。
数十年の月日が、自然との均衡をより深め、
全体も部分も、過不足のない不思議な静けさに満ちている。
人が生きながら自然に溶けていくための、工夫に満ちている。

自然と人為がここまでひとつになれるのか・・
髙見さんの作品が、床をひたひたと覆う。
昨夜の赤い月の下、どのような光の粒で満ちていたのか 

10月12日まで
髙見晴惠展 月の下で KAHO GALLERY

 14109-3

14109-2

141009-1

”宙へ”

秋は夜・・
ニュイ・ブランシュKYOTO2014、一夜限りの現代アートの祭典で夜の街へ・・
外村まゆみ展 ”宙へ” に行ってきた。

イタリアで学ばれた石のモザイクに始まり、どんどんさまざまな素材のモザイクの世界が広がっていっている。
まさに、宙・・さまざまなモノを引よせながら、心地よい場が生まれていた。

そんな場所で、音と舞のパフォーマンス。
空気が、ゆれる・・
時空にあるすべてのモノは、それぞれのもつ速度でゆれ動いている。
人の動きはわかりやすく、音は体を振るわせる。そしてモザイクも建築も、実は、ゆっくり動いている。
それぞれのペースで。

それらが響きあうとき、それは、はっきりとわかる。
しあわせな夜。

外村まゆみ展 ”宙へ” 同時代ギャラリー

141008-2

141008-1

141008-3

海文堂生誕100年まつり 99+1

それぞれの街には、それぞれの街の風や薫りに出会える場所があってほしい。
神戸の文化の海を航海しつづけた「海文堂」が、生まれて99年目の昨年、旅を終えた。

今、その海文堂書店の生誕100年を記念して、おまつりが行われている。
お店のなつかしい写真や映像、関連書籍にゆかりの画家の方たちの作品展・・
作品展では、坪谷令子さんに新聞エッセーの挿絵原画を見せていただいた。
鉛筆の濃淡で描かれた包み込むようなモノクロの世界観と、広い海原を進む海文堂のイメージが、
初夏の夕刻の空気のなかでつながっていくのを感じた。

いろいろな人たちの思いが集まっていた。
街は、人々のおもいでつくられていく。
新しい航海への船出はあるのだろうか・・

ギャラリー島田にて  6月11日まで

140601

中のシマ

グルスキーの後、川を覗いてみる。
バンコクの浮遊物はないが、微細な葉と泡。
川面に時を加える。
浮かび上がり、沈んでいくもの。
いろいろな速度で流れゆくもの。
その場で、ゆれつづけるもの。
今日のシマの水面は、濃茶のようだ。

140524

Neon Forest JIJI

abiko さんの Neon  がある Bar 。

京町屋の闇に、ネオンがうごめく・・

カウンターの中で下村さんが音をあやつる。

混ざり具合が絶妙。

町屋は、京都の歴史が堆積した土につながっている。

ネオンはそこにつながるスイッチ。

町屋がネオンを、ネオンが町屋を息づかせている。

相容れないような2つのものが、同時にあることで生かされあう。

時を刻んだ土壁の表情が、銀河のようだ 。

140414-2

140414-1